月刊「モデルガン・チャレンジャー」創刊号

月刊モデルガン・チャレンジャー創刊号(昭和58年)

前ブログで突如登場したヨーロッパのスライコレクター「トラウトマン大佐」。出会いは海外スライファンサイトのフォーラムです。彼のことは知っていましたが、直接の接触は一度もありませんでした。しかしある日、大佐から突然プライベートメッセージが飛んできました。彼は私を日本のコレクターと勘違いしたのかもしれません。それがご縁で、彼の日本スライグッズを探すお手伝いをしています。彼はフランスのコレクション見せびらかしフォーラムで「私は自分のことを”ヨーロッパ一のスライコレクターである”と云わねばならない」と書いていましたが、その言葉に偽りはないと思います。

さて今回の彼のお買い物はこれです。「月刊モデルガン・チャレンジャー 創刊号」
この雑誌はかなり前に廃刊になっているようですが、モデルガンの専門誌だったようです。その創刊号の表紙を何故かジョン・ランボーが飾っています。その後同雑誌はモデルガンの写真を表紙とするのですが、何故創刊号だけこのイラストを採用したのかは判りません。1983年に創刊された雑誌なので、明らかに「First Blood」のランボーだと思われますが、こんなシーンは映画にはありません。インチキ臭いなと思っていたのですがヨーロッパのナイフ・弓・ガンマニアのファンに云わせると、このシーンはD・マレル氏の原作本のランボーを描いているのではという意見でした。いずれにしても怪しいので、さすがに大佐もこれはいらないだろうと思っていたのですが次の日、画像に「rare_blood」とタイトルをつけて購入意欲満々のメールを送ってきました。

何故1983年にランボーがモデルガン雑誌の表紙を飾ったのでしょう。それはとても不思議であるし、興味深いと感じます。今日こっそり中身を覗いてみたのですが、何故だか「おれたちひょうきん族」のタケちゃんマンの写真がありました。それを見たヨーロッパの熱狂的キタニストが腰を抜かさないか心配しています。

広告

コメント / トラックバック2件

  1. なんだか色使いもデザインも台湾とか香港とか、そっち系ですね。
    およそモデルガン専門誌の雰囲気がないのが面白いです。
    それにしてもよくこんなの見つけ出してきましたね(^^;)

  2. 私は大佐が買うものについてあれこれ云わない方なのですが、
    今までストップをかけたことがあるのは、
    不当に高値をつけられているグッズに限られていました。
    が、さすがにこれは「本当にこれ買うの?」と聞いてしまいました。
    1983年にランボーが日本のモデルガン雑誌の表紙…
    う~ん、確かに世界的レア物かもしれません。

    そんな大佐ですが、今朝 Rambo II Hoyt easton 1985 bow
    を注文したと超ウキウキメールを送ってきました。
    それについての共通知人のコメントは
    「ついに彼は二次元から三次元に足を踏み入れたか(^-^)」
    でありました。
    今は大佐の見せびらかしを待っているところです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。