月刊「モデルガン・チャレンジャー」創刊号

月刊モデルガン・チャレンジャー創刊号(昭和58年)

前ブログで突如登場したヨーロッパのスライコレクター「トラウトマン大佐」。出会いは海外スライファンサイトのフォーラムです。彼のことは知っていましたが、直接の接触は一度もありませんでした。しかしある日、大佐から突然プライベートメッセージが飛んできました。彼は私を日本のコレクターと勘違いしたのかもしれません。それがご縁で、彼の日本スライグッズを探すお手伝いをしています。彼はフランスのコレクション見せびらかしフォーラムで「私は自分のことを”ヨーロッパ一のスライコレクターである”と云わねばならない」と書いていましたが、その言葉に偽りはないと思います。

さて今回の彼のお買い物はこれです。「月刊モデルガン・チャレンジャー 創刊号」
この雑誌はかなり前に廃刊になっているようですが、モデルガンの専門誌だったようです。その創刊号の表紙を何故かジョン・ランボーが飾っています。その後同雑誌はモデルガンの写真を表紙とするのですが、何故創刊号だけこのイラストを採用したのかは判りません。1983年に創刊された雑誌なので、明らかに「First Blood」のランボーだと思われますが、こんなシーンは映画にはありません。インチキ臭いなと思っていたのですがヨーロッパのナイフ・弓・ガンマニアのファンに云わせると、このシーンはD・マレル氏の原作本のランボーを描いているのではという意見でした。いずれにしても怪しいので、さすがに大佐もこれはいらないだろうと思っていたのですが次の日、画像に「rare_blood」とタイトルをつけて購入意欲満々のメールを送ってきました。

何故1983年にランボーがモデルガン雑誌の表紙を飾ったのでしょう。それはとても不思議であるし、興味深いと感じます。今日こっそり中身を覗いてみたのですが、何故だか「おれたちひょうきん族」のタケちゃんマンの写真がありました。それを見たヨーロッパの熱狂的キタニストが腰を抜かさないか心配しています。

広告

「ランボー 最後の戦場」コンパウンド・ボウ落札される

 6月11日、オークション&ショッピングbiddersにてオークションにかけられていた「シルベスター・スタローン サイン入り 映画『ランボー 最後の戦場』 劇中で使用した弓」が入札数103、2,135,000円にて落札された。

該当コンパウンド・ボウは「RAMBO」公開前にアメリカのプラネット・ハリウッドに同型が寄付されていることから、劇中使用された弓は複数本あるのではないかと噂されていた。国内スライファンH氏は「First Bloodのナイフも6本使用して撮影されたと云われている。やはり劇中のプロップである以上、同弓も複数存在しているのではないか」と語る。同氏は「ランボー 最後の戦場」銀座プレミアナイトに参加し、オークションに出品された同コンパウンド・ボウを間近で観察し、興味深い情報を提供してくれた。

「あの弓ですが、全てブラック塗装と思い込んでいたのですが、弓のボディーの部分は“メタリックのダーク・グレー色”だったのが驚きでした。また、飽くまで私見ですが、クィーパー(矢筒)を付ける金具が付いているので「怒りのアフガン」当時の物を使用している設定であると予想するが、弓のボディーはむしろ「怒りの脱出」に近い直線的なデザインに思えた。」

右はオークションに出た弓のグリップ下のインチ・サイズのヘキサゴン・レンチで止める「クィーパー(矢筒)」を取り付ける部分の接写画像。左はH氏の所有するHoyt/Easton社製のPro-Vantageモデル(「怒りのアフガン」の原型モデルとされている)の同部分接写画像。

又H氏は「先にも述べたように、撮影用の弓は複数本用意されたと思われる。劇中、ルイスに向けた弓は恐らく手を離しても矢が飛ばない、あのシーンの為だけのプロップではないか。弦を引いているにも関わらず、弓が反っていないのは不自然である」と続ける。「日本でのアーチェリーは、ターゲット(まと狙い)・アーチェリーというスポーツの位置付けが基本で、コンパウンド・ボウ(本来、狩猟用)は、リカーブ・ボウ(オリンピック等で見られる競技用)と比較するとかなりマイナーなスポーツなのですよ」

オークションの落札金額は、全額(諸経費除く)USENからユニセフに寄付され、サイクロンの被害にあったミャンマーの復興の為に使われる予定。

On The Set Of First Blood : Final Chapter

カリフォルニア、サニーヴェール在住のスライファンHerve Attia氏によるHope市紀行。5月22日よりyoutubeにチャンネルを開設、その卓越した技術を駆使した見事な動画が話題を集めている。6月13日、彼による「On The Set Of First Blood : Final Chapter」と題された動画が発表になった。

Herve Attia’s youtube channel
http://www.youtube.com/user/HerveAttia
Herve Attia’s Blog ” You Just Don’t Turn It Off “
http://www.you-just-dont-turn-it-off.com/

Rambo4, Indy4… Beverly Hills Cop4??


Spielberg And Stallone Coach Eddie Murphy On Fourth Series
Defamer Australia, Australia – Jun 11, 2008

「RAMBO」ポスター Most Original Posterに選出

http://www.goldentrailer.com/gta9.html
Golden trailer awards

9th Annual Golden Trailer Award において「RAMBO」ムービーポスターがMost Original Posterにノミネートされ、この都度見事受賞をしたとのこと。同ポスターは発表当時、英雑誌「EMPIER」誌が大絶賛するなど注目を浴びていた。他のノミネート作品については以下。

Most Original Poster
Rambo “Stencil”, Lionsgate, Ignition Print
30 Days of Night “Character Poster A”, Columbia Pictures, Ignition Print
Before the Devil Knows You’re Dead, ThinkFilm, Cold Open
Slipstream “Poster”, Strand Releasing, The Solid State

【参考リンク】
Awards for RAMBO – IMDb
http://us.imdb.com/title/tt0462499/awards

RAMBO DVD 販売一週目200万本売れる大ヒット

2M ‘Rambo’ DVD units sold its 1st week out
United Press International -June 9, 2008

Lionsgateはスライ最新主演作品「RAMBO」のDVD発売を開始し、北アメリカにおいて販売第1週目で200万本が売れたと報告しました。

“the movie and television entertainment studio”はホームビデオレンタルチャートで「RAMBO」が初登場1位をかざり、販売チャートでは2位であったと報告します。また同時発売されたBlu-ray discはチャートで第1位を獲得し、Blu-ray初登場販売本数で際立った成績を記録しました。その結果を受け、Lionsgateのジェネラルマネージャーであり副社長のロン・シュワルツ氏は「家庭で視聴されるジョン・ランボーは、映画さながら、ビルマのジャングルにおける彼と同じくらい強烈です」とご満悦の声明を発表。「ランボーシリーズはLionsgateライブラリーの宝物です。あきらかに「RAMBO」は新旧ランボーファンを興奮させているのです」。北アメリカでの「RAMBO」DVD・Blu-ray discは5月27日より販売を開始している。

ダスティン・ホフマン 「ランボー役をオファーされていた」

Hoffman: I turned down ‘Rambo’ Digital Spy, UK June 9 2008

米俳優、ダスティン・ホフマンは1982年に発表された「First Blood」の主人公、ジョン・ランボーを演じるよう、制作者サイドからオファーを受けていたと語りました。ホフマンは云います「私はジョン・ランボーを演じないかと声を掛けられた最初の人物でした。しかしそれはあまりに暴力的だったので、私はオファーを断りました」。そして彼は、演じたかったキャラクターのひとつはジェームス・ボンドであったと付け加えます。ホフマンは今年71歳になりました。