英女王 ロッキーのテーマに拍手

2008年11月8日、英国ロイヤル・アルバート・ホールにて行われた「Royal British Legion Festival of Remembrance 2008」において、英エリザベス女王、皇太子夫妻他、各王族、著名人の前で、ロイヤル・マリーンズ・バンドによる「ロッキーのテーマ」が披露されたとのこと。
これは毎年11月11日を「リメンバランス・デー(Remembrance Day)」とした同国のイベントで、「Great War」と云われ、英国の人々に深い悲しみを残した第一次世界大戦の休戦協定が1918年の11月11日に発行され、同日午前11時には戦いが終結を迎えたことに由来する。又の名を「ポピー・デー(poppy day)」

一糸乱れぬロイヤル・マリーンズ・バンドの演奏をどうぞ。

“Rocky” theme, Royal Marines Band – Festival of Remembrance 2008

日本の警察とかにも楽団がありますが、なんというかこういう方々は凄いですよね。
異様に緊張している電子楽器部隊とか、階段に佇んでるトランペット氏とかちょっと面白かったのですが、一番面白かったのはカメラが引いて天井のシャンデリアが堂々と映り込むところでしょうか。

アルバートホールと云えば、あちらの歴史あるホールなのだと思うのですが、ポール・マッカートニー卿が女王の誕生会か何かでここで演奏した時、何か批判めいた曲を歌い、その後「今日は楽しかったですね。また来年もやりましょうよ、女王陛下^-^」と云ったら「私の庭では結構です^-^」とやんわり返されたことがあったとか無かったとか。

話しは逸れましたが、女王はロッキーを観たことがあるのでしょうか。
そこが一番の興味事だったりします。

広告

コメント / トラックバック2件

  1. ロッキーのテーマ曲。女王陛下のお耳には、どの様に聴こえたのでしょうか。御感想を伺いものです。

    私は、“根性”を出したい時に聴きます。

    逆に“ごろ寝”でリラックスして、観ているテレビのバラエティー番組がBGMでロッキーのテーマ曲を使っていたりすると、まったり・ゆっくりしてたいのに、なんか運動しなきゃいけない気分になって困ります。

    あの曲には、なにやら“心理的効果”があるように思えてなりません。。

    私はだけでしょうか??

  2. うちの近所のスーパーでは、セールタイムになると「レイダースのテーマ」が流れていますね。購買意欲をかき立てる効果があるのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。