「ランボー 最後の戦場」コレクターズ・エディション 2月4日発売

ランボー 最後の戦場
コレクターズ・エディション

シネマトゥデイ – Feb 2, 2009
http://cinematoday.jp/product/P0002221

あっという間に2月ですね^-^ こんばんは
ついに2月4日、「ランボー 最後の戦場」DVD/Blu-rayが発売になりますね。今日の会社帰りにその宣伝ポスターを発見しました。正直DVD関係の大きな宣伝はないだろうと思っていたので本当に驚き、そして一瞬にして燃えました。これらの販売元は「The Expendables」の日本配給権を獲得したポニー・キャニオンさんですからおのずと力も入るといったところでしょうか。

ポニーキャニオン 「ランボー 最後の戦場」DVD/Blu-ray特設ページ
http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbe53210/
【特典映像】(※約84分予定)
●予告編集(特報、劇場予告編、TVスポット2種) ●メイキング集 ●削除シーン集
●キャスト・インタビュー
【音声特典】
●シルベスター・スタローンによるオーディオ・コメンタリー

 

「ランボー4」配給会社のGAGAさん、本当にお疲れ様でした。でもまだランボーは終わりではありません。「さらば、ランボー」のキャッチフレーズを付けてしまった御社の「決着」に期待しています。数年後の「ランボー5」の配給権獲得に向けて頑張ってください。それまで「さらば、GAGAさん」

広告

コメント / トラックバック13件

  1. おお、駅張りが!!
    ほとんど公開当時と変らない感じですね(笑

    劇場で観ていないという方が多いでしょうから、その分30代〜40代の方に売れてくれると良いですね。個人的にはメイキングの長さが気になります。2枚組ですからそれなりの長さがあると嬉しいですが…。

    あまり関係ありませんが、ポニー・キャニオンと聞くと私はすぐにパック・イン・ビデオのランボーの姿が脳裏に浮かびます。よく分からない方もいらっしゃるかもしれませんので、こちらにリンクを。ttp://retroblues.sakura.ne.jp/regeokiba/pac-in-video/pack-in-video.htm

    この一番上以外は随分やりこんだものです。特に真ん中の汚い画面のランボーはもはやランボーなのかどうかすら怪しい内容でしたが、そこは脳内補完力をフルに発揮してなんとか。しかし今見ると大変なシュールさですね。地獄ゲーム!! かあ。ちなみに内容は激ムズでした。エンディングも見れたためしがありません。

  2. ※特典について追記致しました。
    予定では約84分もの特典がつくそうです。

    ちらりと写っていますが「ベンジャミンバトン」のポスターを見て「オスカー13部門ノミネートかぁ」と思っていたら、いきなりランボーでビックリしました。ZIMさんのおっしゃる通り、駅張りは公開時の雰囲気そのものでした。きっとDVDはかなり売れると思います。

    >ランボーゲーム
    おお(笑)最後の「ゲリラ戦」のゲームですが、エンディングは星条旗の真ん中をランボーが疾走するんですね。斬新です!

  3. 84分!! ほとんど本編と同程度の長さですね。
    メイキングだけで80分くらいあると最高ですけど、まああまり欲張ってもいけませんね。買いでしょう。

    今日レンタルビデオのゲオに立ち寄ったところ、ランボー販売用のプロモキットが陳列されておりました。これがなかなかに立派な代物でしたよ。ランボー、期待されていますね。

  4. これより、DVD『最後の戦場』を鑑賞します!!!(^^)

  5. 全部観ると朝になりそうだったので、とりあえずDisc2を鑑賞しました^-^
    色々感想があるのですが、海賊の船を燃やすシーンのランボー2ナイフの映像と、小道具(武器)調達の話が興味深かったです。現場のスライは厳しそうで、見てるこっちがビビってしまいました。

  6. パッケージデザインがかっこいいです。最後の戦場の文字どころか日本語表記が全く無いのも凄くいいですね。

    削除シーンは、スライ本人も消さなきゃよかったと言ってましたが凄く良いシーンが沢山ありましたね。付け加えて完全版にしてほしい位です。(特に夜サラと話すシーン)

    一番の楽しみだったオーディオコメンタリーも沢山聞きたかった話が聞けて大満足でした。傑作じゃなくてもリアルなんだみたいな言葉には笑ってしまいました。

    2ナイフはまだ持ってたんですね。しかも過去と共に燃やしちゃったようですね。

  7. こんばんは^-^ 今夜は私も夜更かしです

    >パッケージ
    今気付きました!確かにパッケージの表って「Sylvester stallone RAMBO」とだけ書いてありますね。とてもオシャレです。

    >削除シーン
    「追い詰められれば、人間なんて簡単に人を殺す~」みたいな台詞がありましたが、それが終盤のマイケルのあのシーンにつながっているのでしょうか。ディレクターズカット版とか出して欲しいです。

    作品本編は木曜~金曜で鑑賞予定ですが、Disk2を見て思ったのですが、駆け付けたランボーが弓を撃ちまくった後に傭兵達に歩み寄る時に持ってる弓が、矢をつがえた状態になっていることに気付きました。これは興味深い、本編もそうなっていたのか確認しなくてはと思っています。

  8. >ランボー2ナイフ
    以前見た事のある“ライル氏作のミッション・ボウイ(=ランボー2ナイフ)が炎上する”制止画像の謎がとけました。が、ここでもう一つ疑問が浮かびました。別の制止画像で見たランボーがボートの操船時、胸元に下げてるシース(=ナイフ用革ケース)は、ヒブン氏のRAMBO3ナイフの“茶色いシース”に見えました。2のではありません。(4のナイフ用にも見えませんでした)謎が深まります。。

    >矢がつがえた状態
    和弓と違い、洋弓はつがえたままも出来なくはないですが“弦にテンションが、かかりっぱなし”なのは明らかに不自然です。『愛するが故に繰り返し見て気付いてしまう、粗』とでも申しましょうか。。


  9. ×『制止』でなく、
    ○『静止』でしたよね(汗)。

  10. ハルさんこんばんは^-^

    >シース
    ヒブン氏のサイトによれば、スライからナイフ制作の依頼を受け、そのスクリプトを相当重視したとあります。ランボーは急遽ナイフを作るということで、試作段階で「今のランボーが手に入れられそうなもの」という観点からトラックの板バネを材料にするなどのこだわりの末、あのデザインに決定したそうです。

    そして問題のシースですが、ハルさんご指摘の通りあれは「アフガン」時代のシース、という設定です。
    アフガンでナイフをぶん投げてましたから、ナイフ自体は20年前に無くしたけれど、シースだけは持っていた。そしてそれを改造して自分で急遽作ったナイフ(ランボー4ナイフ)を入れた。とにかくランボーには時間も材料もなかった…。映画「ランボー4」の世界ではこのような流れになっているということです。

  11. >矢つがえ状態
    劇場では気付きませんでしたが、矢つがえ状態にしてある弓を持ってますよね。コメンタリーであそこのシーンは1日で急いで撮影したと云っていましたから、もしかして歩み寄ったシーンからルイスに迫るシーンまで一発撮影で、数台のカメラで一気に記録したのかもしれませんよね。うーん、想像が膨らみます。

    あと気になっていたエン・ジョーの腕時計ですが、やはりルミノックスでした。謎が解けて喜んでいます!

  12. こんばんは、メモさん。
    詳しい解説をありがとうございます!

    とすると、ミッション・ボウイは逆に“シース無しのナイフ単体”で持ってたのでしょうか(笑・撮影された全てシーンが観たい)。私の見た胸元静止画像のシースは、ナイフ脱落防止の為にフィンガー・ガード(=刀のツバの部分)に引っ掛けてホック・ボタンのオスとメスで止めるパーツがちゃんと付いているのに“ヒブン氏のサイトのJ.R.のシース”には付いていないので、4ナイフには無用で取っちゃった設定なのかな。。(本編で未確認なので)小説本も読み返しながら、もう10回ぐらい楽しく鑑賞し細部も検証したいと思います(^^)

  13. あっ!! 早速盛り上がってますね。
    みんな流石に細かーい (^^;

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。