スタローン 左手負傷も「撮影を遅らせるつもりはない」

SYLVESTER STALLONE – STALLONE INJURED REHEARSING FIGHT SCENES
Contactmusic.com – Mar 7, 2009

映画界のタフガイ、スライ・スタローンが今月クランクイン予定の映画「The Expendables」の格闘シーンリハーサル中に左手親指を負傷し、現在治療中だという。

映画「The Expendables」は傭兵チーム「エクスペンダブルス」が南米の独裁者打倒に乗り込む話題のアクション映画。ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ランディ・クートゥア等が出演を決めている。62歳のスライが負傷したことについて撮影延期などが心配されたが、彼のスポークスマンは「スライがリハーサル中に手を負傷したのは本当です。負傷個所は左手の親指あたり。しかし、彼は今月下旬予定通りブラジルとニューオリンズに乗り込みますよ」とコメントした。

広告

コメント / トラックバック3件

  1. ああ、やっぱり怪我してたんですね…
    格闘シーンのリハ中って…、スライはスタントを使わない気なのでしょうか。「ランボー4」の時も結局映像に使用したスタントさんシーンは丘から飛び降りるところだけだったというし。DVDのメイキングでルイスに「グラハム!」と言葉の気合いを入れていたシーンで彼の映画制作への厳しい姿勢を感じてはおりましたが…、とにかく早く手が治れば良いです。

  2. スライには「どうせ掴むなら手袋越しじゃなくて素手で」という姿勢が伺えますよね。泥臭くてもとにかくひたむきに打ち込むことの意義を彼自身ロッキーというシリーズから学び取ってきたのかもしれません。怪我は彼にしてみれば一種の勲章でしょう。

    思えばミッキー・ロークが「ザ・レスラー」で遂に立ち直ったプロセスも同じようなものですから、そこは価値観を等しくする者同士通じあうものがあるのやも。

  3. ZIMさんこんばんは^-^

    >一種の勲章
    そうですよね。「ロッキーファイナル」ではいいパンチが入って失神、「ランボー4」では竹に頭をぶつけて気絶等、後から聞けば結構怪我してるんだなと思うのですが、こうリアルタイムで怪我を知ってしまうと気の小さい私などは心配になってしまいます。

    …なんて、本人は案外全然平気なのかもしれませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。