スタローン 第66回ベネチア国際映画祭へ

Venice Film Festival to honour Sylvester Stallone
Monsters and Critics.com – Aug 12, 2009

ベネチア、イタリア ― 来月9月2日よりイタリアはベネチアで開催されるベネチア国際映画祭。本日同映画祭は、映画「ロッキーシリーズ」のロッキー・バルボア、映画「ランボーシリーズ」のジョン・ランボーを演じたことで有名な米俳優、監督、脚本家であるスライ・スタローンに対し、その功績を湛え Jaeger-LeCoultre Glory to the Filmmaker Award を授与すると発表した。その声明では、スライが映画「ロッキー」「ランボー」というタイトルで其々の主人公を演じたばかりか、自ら脚本を書き、監督を務めたことについて言及。今回の選考理由として「スライ・スタローンは、血塗られた戦場を生きる男を描く時でさえ、その中に果てしない人間的ぬくもりを盛り込むことが出来る才能ある映画人である。彼はアメリカン・ドリームの光と影を経験した人物であり、その経験はふたつの作品の根の部分に大きく反映されている」と述べた。セレモニーは映画祭閉会式である、現地時間9月12日に行われる予定。

66th Venice Cinema Festival
The Award “Jaeger-LeCoultre Glory to the Filmmaker ”
to Sylvester Stallone
http://www.labiennale.org/en/cinema/news/stallone.html
The prize will be awarded on September 12

【関連記事】
スタローン ゴールデンアイコン賞受賞 – チューリッヒ映画祭
スタローン チューリッヒ映画祭に出席

広告

コメント / トラックバック8件

  1. おめでとう、スライ!!!!
    去年のチューリッヒに続き二年連続いい話しが続いています。
    まさかまさかの二年続けてのグッドニュース
    素晴らしいの一言です、本当に最高です。おめでとう!!!!!

  2. やや、これは素晴らしい。
    審査員たちはちゃんと見るべきところを見、評価すべきところを評価してますね。嬉しいなあ。

    国際的な再評価の流れがいずれ本国アメリカの人々をも動かし、
    最終的にスライの地位向上と新作製作の後押しに繋がってくれれば
    ファンとしてこれ以上嬉しいことはありません。日本からも
    何か功労賞的なものが贈れると良いのですが。

  3. おはようございます^-^
    過去北野武も受賞とありますから、これは「監督・ばんざい!賞(Glory to the Filmmaker! Award)」の一種ですよね。「現役で、将来にわたって活躍が期待される映画監督に授与」ということですが、柔軟で自由と豊かさを感じる賞だと思います。因みにたけしの映画は「キッズ・リターン」が好きです。

  4. 今でさえ、偉大なる映画作家と言われている大先輩イーストウッドだって評価され始めたのは、だいぶお歳をめしてから・・・(でも既にヨーロッパと日本は若い頃から評価していましたが)。
    スライだってまだまだこれから!
    とにかくメデタイ事です。

    しかし思うんですが、特にアカデミー賞なんかは、若い頃活躍していた俳優さんにはナカナカ賞は与えませんよね。
    (ポール・ニューマンとか前出のイーストウッドとか・・・)若い内は苦労せよという事でしょうか。
    私の個人的な考えですけど。

    >「キッズ・リターン」
    私のお気に入りはなんと言っても「みんな~やってるか」です!大傑作です。(笑)

  5. >RockyZoneさん
    去年のチューリッヒでは「ランボー4」ディレクターズ・カットの話がありましたが見事に何もなかったですよね(苦笑)。「The Expendables」のティザートレーラーは期待ですね。スライも今回の受賞を非常に喜んでいるようですし、良い形で彼の最新作が迎え入れられることを期待しています。

    >「みんな~やってるか」
    おお、その作品を忘れておりました!

  6. >メモさん
    「ランボー4」ディレクターズ・カット・・・そういえば、そんな話もありましたね。スライ自身が何度かインタビューでもいっていたので確実だと思ったのですが・・・ これからもこれに懲りずスライ関係の噂には一喜一憂していきたいと思います。

  7. >メモさん

    今気付いたのですが、下のリンクの記事に9/12のJaeger-LeCoultre Glory to the Filmmaker Award の受賞時に「The Expendables」のティザーに加え、「Rambo」のディレクターズカットがお披露目されると書いてあります。
    お気づきでした?

    http://www.labiennale.org/en/cinema/news/stallone.html

  8. >「ランボー4」ディレクターズカット
    おお、まだこの話ってあったのですね(喜!)今回のJaeger-LeCoultre Glory to the Filmmaker Award受賞は「ロッキーファイナル」だけでなく「ランボー4」が大きく評価されての結果と推測しているのですが、是非ベネチアでお披露目して頂きたいですね。

    第66回ベネチア国際映画祭、盛り上がりそうな予感です^-^

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。