スライ今後は監督業に専念?

シルヴェスター・スタローン、遂に引退!?

RockyZoneです。LA Film Festivalでのスライの発言をうけて、スライ俳優業引退のニュースが流れてます。

なかなか辛いニュースなので自分で書く気がせず、エントリー遅くなってしまいました。K3voyさんから情報いただいた「リアルライブ」というサイトのニュースをそのまま貼り付けさせていただきます。

いつかくるとは思ってましたが、スライの俳優引退あるんですよね。 イーストウッドのような偉大な映画人になってほしいです。あともう少し、スクリーンで大暴れしてほしいです。

【以下リアルライブさんからの引用です】

シルヴェスター・スタローンが俳優業を引退する決意を固めたようだ。
映画『ロッキー』シリーズでのロッキー・バルボア役、そして『ランボー』シリーズのジョン・ランボー役で有名なスタローンは現在63歳、彼の出演最新作『エクスペンダブルズ』が最後の映画になるかもしれないと語った。
「僕は時間を借りているんだ。この歳になって、時計がチクタク言っているのが聞こえていて、それがビッグベンの鐘の音みたいに大音量なんだよ」と言う。
し かし、ショービズ界から完全に退こうとは思っていないスタローンは、カメラの後ろに回って自分の才能を披露したいと語った。彼の俳優としての成功に対し、 ロサンゼルス映画祭で特別賞を受賞したスタローンは「最大の目標は、クリント・イーストウッドが歩んだ道を追いかけることで、自分は出演せずに映画の監督 だけに転換していきたいんだ」「僕は人生という時間を拝借していて、自分の残りの寿命を考えると監督に転身する方が良い」と話す。

最新 映画『エクスペンダブルズ』でスタローンは、生死に係わる任務に携わっているベテランのギャングのリーダーを演じており、この映画には、ジェーソン・ステ イサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、エリック・ロバーツ、スティーブ・オースティンなどの多くの有名スターが脇を固める。またアーノルド・シュ ワルツネッガー、ブルース・ウィルス、ミッキー・ロークがカメオ出演している。映画は全米8月13日から、日本は10月16日から公開。

広告

2件のフィードバック

  1. 私はこの話、あまり信用していません。
    スライ先生は昔から(イイ意味で)我々ファンを裏切ってきました。

    「ナイトホークス」で初来日時、既にマスコミには脱俳優・監督専念をアピールしていましたし、もう作らないと言い続けて「ロッキー」は6作まで作ってきました。
    「クリフハンガー」の時だって「ランボー」はチャーリー・シーンに任せると得意のジョークをかましたり、「デイライト」では、今後はスーパーヒーローアクション映画は卒業する宣言等、これまで色んな話がスライ先生の口からコメントされてきました。

    だからと言って、今回の話については楽観視出来ませんが、私個人の考えでは、イーストウッド大先生を目指すなら、何も監督専念などせず、監督・主演で最後まで突っ走ってもらいたいです。
    ちなみに「グラントリノ」は傑作でした。
    スライ先生だってあの様な映画を撮れる実力は持っている筈です。
    これも個人的意見ですが、「パラダイスアレイ」みたいな作品をもう1回撮ってほしいなァ・・・。

  2. >デュークさん
    私もこのままスライが俳優業引退とは思っていませんが、ちょっとだけ不安です。
    イーストウッドはスライにとって理想的なお手本ではないでしょうか? 『グラントリノ』『許されざる者』みたいな感じの映画をスライもやってほしいです。
    いろんな場所でコメントを求められるスライですから、いろんなこと言うことになるのでしょう。私はスライの発言に一喜一憂するのを楽しみたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。