スライ来日の思い出

daylightさんのコメントを拝見させていただき、共感するものがあったので
私が初めてスライに会えたときの思い出を語りたいと思います。

私が初めて生スライを体験したのは『ロッキー・ザ・ファイナル』での来日時です。

ロッキーとしてのスライ来日ということで、どうしてもスライに会いたいと思いました。
ちょうど仕事も佳境をむかえていて空港かジャパンプレミアの片方しか無理な
状況だったので、一番スライに近づけるのが空港でのお出迎えなんじゃないかと思い、
そちらを選びました。

ネットでひたすら調べましたが、成田空港○○時というカキコを
見つけられたくらいでした。私は騙されたと思って、そのカキコ通り
当日始発で成田に向かいました。

成田といっても第1と第2ターミナルがあり、
それぞれ2箇所の出口があることを現場について知りました。
それでも私はスライに会えることを信じて、
ひたすらシャトルバスを使って4箇所の出口を行き来しました。

そんなことをやっていたら、テレビカメラを持った
マスコミの人らしきグループを見かけました。
「スタローン来日の取材ですか?」とお尋ねしたところ、
「そうだ」とのことだったので
その場所までついていかせてもらいました。

現場についてから3、4時間ぐらいそこで待つことになったでしょうか。
次第にマスコミの人たちがざわざわしだし警備の人たちが追加されたので、
いよいよ憧れのスライに本当の会えるのだと興奮しまくりでした。
その異様な雰囲気に気づいた周囲にいた観光客も集まり、
スライがゲートから出てきた時には300人ぐらいの人だかりができていました。

「サインは絶対駄目」と事前に関係者から厳しく注意を受けていたので、
サインを貰うことはできませんでしたが
スライは少なくとも前列にいた人たち一人ひとりに「Hello」と声をかけながら
力強い握手をしてくれました。
初めての憧れの人との対面で私は一言もしゃべれませんでしたが、
帰りの電車の中でもまだ感じるとこができるぐらい
しっかりとした握手してもらった感動は今でも忘れられません。

自分がこのブログを引き継いで続けているのも、あの感動があるからかもしれません。

今回はいままで以上に来日に関する情報がありません。
情報なくてもなんとかなるかもしれません。

まだ、スライにあったことがないファンの皆さんも
ぜひ今回は行動をおこしてみてはいかがでしょう?

ちなみに写真はその時のものです。かなりの混乱でした・・・

広告