スライ新作『Bullet to the Head』はハードなR指定になりそう

Action Fest 2012: J.J. Perry on Ender’s Game, Django Unchained and more!

スライの新作『Bullet to the Head』でスタントコーディネータを務めたJ.J. Perry氏によると、同映画はかなりハードなアクションになるようです。

「ウォルター・ヒル監督やスライとどんなスタントをすることができたのか?」聞かれPerry氏は以下のように答えています。

「ぎりぎりNC-17にならないようなハードはR指定スタントです。 映画の終わりでのスライとジェイソン・モモアの消防斧をつかった戦いのシーンがあります。どんなことになるか想像してみてください。映画のタイトルから分かるように、たくさんの人が顔面を撃たれ、吹っ飛ぶシーンがあります。すごいですよ。」

かなり大人な映画になりそうですので、こころしてみないといけませんね。

『Bullet to the Head』はニューオーリンズの裏通りで殺し屋として生きる主人公が、2つの殺人事件をきっかけに、若きニューヨーク市警の刑事と協力して政界を巻き込む重要捜査に身を投じていくアクションスリラーです。

広告

コメント / トラックバック2件

  1. 新作目白押しの中で、私のような映画秘宝系?が最も期待するのは、この作品ですね!興行収入は厳しいでしょうが、マニアが大喜びするような作品を期待します!

  2. セリカさん
    スライとヒル監督のタッグ、NC17すれすれのハードアクションとくると
    かなりの玄人好みの作品になりそうですね!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。