『エクスペンダブルズ2』 日本公開3週目は7位に後退

映画.com 映画ランキング

『エクスペンダブルズ2』日本公開第3週目の結果がでました。

第3週目は先週の2位から順位を大きく落として第7位です。

新作5作が一気にリリースされて持っていかれました・・・。 

なんとか踏ん張ってほしいです。 どうにかならないですかねー。

ほんとにこの映画に対する、この結果は残念でならないです。

公開終了のその日まで、SLY_JPは応援し続けます!!

下の2ショットみてると、ここからまた1位を奪取してもおかしくないのになー。

がんばれエクスペンダブルズ!!!  

広告

コメント / トラックバック8件

  1. 今回は1位を取れただけでも良かったと思います。 

    厳しい言い方になりますが、今は洋画不振以前に映画館に人が来ません。
    日本の人口は減少するばかりですし、そもそも昔とは若者の数が違います。
    何だかんだで、こういったアクション映画の人気は依然としてありますよ。
    しかし人口の母数が減っている状況では、元々ニッチな部分を数でカバーするのは無理でしょう。
    粘り強くランクを維持する作品自体、最近は少なくなりましたし。

    自分も昔からのスタローンファンなので現実を認めたくはないですが、
    ここまでやれて7位に残っている事自体、今の情勢を考えれば、そんなに悪くはないと思います。
    ただ5週目までランクにいてくれると嬉しいのですが・・・

  2. 3週目にして7位って、この先が心配でしかありません・・・。
    映像美とストーリー性重視の映画に負けてる感がありますね。なんかEX2は大作の割に宣伝にはあまり力が入ってなかったような気がしましたが、そのせいもあるのでしょうか。それともただ単に流行らないだけ?
    「のぼうの城」みたいな戦乱モノに便乗してでもEX2を観に行く人増えませんかね。むしろ「2万人の敵に挑むのに奇策も500人の兵もいらないんだよ」と言いたくなりますが。
    とにかくこれからも宣伝続けます!

  3. まあ、「パラノーマル・アクティビティ4」とかは客層が決まっていますから、早く設けて早く消えるようになっていますので、それほど恐れるものではないでしょう。問題は「のぼうの城」でこれが大ヒットで、「エクスペンダブルズ2」が減ったのは両者が大きく異なる点があり、それが差になっているのです。

    「エクスペンダブルズ2」は今回中国のスタンスが強まっています。ジェット・リーが早々に退場して「トゥヤ―の結婚」のユー・ナンが大暴れしていますが、女性票を増やす目論見が、日中関係の悪化で、映画が米中友好映画の色彩を帯びることになり、それが明らかに障害になっています。日本の観客からしてみれば、スライの方針への反発が起きたわけです。この急激な落下の理由はそう考えれば理解できます。

    で、一方の「のぼうの城」は水攻めの場面が3.11震災の上映延期になっていて、これも時代に振り回されているのですが、劇中の戦いが大国の中国と日本の紛争と重なるもので、より身近に、より鋭く大衆に迫ってくる内容で、「エクスペンダブルズ2」は前作の「エクスペンダブルズ」より優れていると感じる私でも、その優れている点が今回不利な様相になる現実の複雑さには映画は時代を反映すると言う事を改めて突きつけられる気がします。

    スライが「エクスペンダブルズ2」を増強した努力を上回る勢いで時代が変化し、「アウトレイジ ビヨンド」も「消耗品軍団」に対して「悪人軍団」で対抗するありさまで、スライが増強した分、競争相手も増強しているわけです。あと伏兵が「リンカーン 秘密の書」で、これはなかなかの映画で、イデオロギー的に「エクスペンダブルズ2」と観る層が重なる映画です。

    スライも頑張っていますが、競争相手もどうしてどうしてなかなか手ごわい時代になったといえます。

  4. ここまで落ちてしまいましたか。新作がずらっと入ってきたので仕方ないといえばそうなんですが。
    劇場での現状を考えると、前作よりだいぶ若い人の入りが悪かったように感じます。スライ・シュワの直撃世代である30・40才台も少なく、おじいちゃんおばあちゃんばかりでちょっと唖然としてしまいました。
    自分は地方者なので都会ではまた違うのかもしれませんが。やはり洋画離れというのは感じてしまいました。

    前作ではスターの競演という話題性でライトファン層を取り込めましたが、パート2となると新鮮味がなく(一般人には)、とりあえず固定客での数字がこんなところなのでしょうか。宣伝も公開直前になってようやくやりはじめたのであまり効果がなかったのかもしれません。実際アベンジャーズは日本では厳しいとされていましたが、公開数週間前からいろんなメディアでゴリ押した結果あの大ヒットですから。

    パート3では、今回は事情のより出来なかった来日プレミアと、web限定の予告(最高!)をテレビでもやってほしいです。

  5. ジェミニさん
    昨今の洋画離れはすごいですね。
    それ自体は悪くないとは思いますが、映画といえばハリウッド映画だとおもっていた(いる)ので、ちょっとさみしいです。
    少しでも長く映画館に残ってほしいです。 アメリカでブルーレイ発売の11月20日ごろまでは日本で普通にやっていてほしいです。

  6. John J. Yamabeさん
    宣伝に頑張っていらっしゃったと思いますが、この洋画離れでは、あまり宣伝にお金かけられないのでしょうね。 この奇跡的な映画がこの扱いはちょっと残念です。すこしでもわれわれが楽しめるように、宣伝活動つづけましょう!

  7. ペルゼウスさん
    スライのあの補強でも競争相手の中にのまれてしまったってのが、ちょっと時代を感じさせますね。 これが現実ではありますが、これからも地道に応援していきたいと思います。映画自体は十分満足させてくれるものだったので、求めすぎかもしれませんが、スライ映画が日本で大ヒットするところをまたみてみたいものです。

  8. Mark.Nさん
    たしかに前回はあのキャストが一堂にあつまるということで、私の周りでも話題になっていたのですが、今回はほとんど話題になりませんでした。新鮮味がなくなったという事実は拭えないかもしれません。
    例の「最高!」、『エクスペンダブルズ』が地上波放映されたときに一回だけみました。 ああいうのももっと流れるかと思いましたが、公開されたとたんCMもながれなくなっちゃって残念です。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。