『バレット』プロモ、スライのテレビ出演動画あつめました

2月1日 今日がアメリカでついに『バレット』が公開される日です。

ついにやってきました! スライの「キャリア史上最大級の悪人」を早くみたいです!!!

公開直前はさすがにいろいろ出てきましたね。 今日はこの『バレット』のプロモーションの一環でのスライのテレビ出演動画を集めてみました。

お楽しみください。

「Good Morining America」

 

「Late Show with David Letterman」

 

「Big Morning Buzz Live」

 

 

広告

スタローンの新作『バレット』日本公開日決定!!!

スタローンがキャリア史上最大級の悪人に!ウォルター・ヒル監督「バレット」

常連のozawaさんから情報いただきました。

スライがアクション映画の巨匠ウォルター・ヒル監督とタッグを組んだ最新作『バレット』の公開が決定です。

邦題は『バレット』になったのですね。原題の『Bullet to the Head』はさすがにちょっと長かったみたいです。

米国公開直前で盛り上がっている時に、日本公開を発表するなんてなかなかいいじゃないですか!

 

公開された日本版ポスターを貼り付けておきます。

う~ん、いつも日本版ポスターはかっこいいんですが、今回はいまいちかな~。

でもキャッチフレーズはけっこういい感じだと思います。 とにかく応援し続けますよー!!!

m-2290110_1015906_650

日本公開日、ポスターを紹介しているgooの記事がなかなかテンションあがるので、そのまま貼り付けておきます。

以下イタリックが引用です。

ルヴェスター・スタローンと、ウォルター・ヒル監督の初タッグによるバイオレンス・アクション「バレット」の日本公開が決定、さらに日本版ポスターが解禁となった。

 自らの輝ける遺産を蘇らせた「ロッキー・ザ・ファイナル」「ランボー/最後の戦場」。自身のみならず、全てのアクションスターを総決算した「エクスペンダブルズ」。これらの“集大成映画”が熱狂を持って迎えられ、完全復活を果たしたスタローンが全く新たなキャラクターと共に、自らの新章をスタートさせる。

 その男は長年にわたり、社会のダークサイドを歩き続けた殺し屋ジミー・ボノモ。元海兵隊員、逮捕歴26回、有罪2回、言葉よりも弾丸で問題を解決してきた生粋の殺し屋という、スタローンのキャリア史上でも最大級の<悪人>が、その圧倒的な存在感と共に、危険な魅力を放つキャラクターとして誕生した。

 監督はハリウッド最後の伝説、ウォルター・ヒル。「ウォリアーズ」「48時間」「ストリート・オブ・ファイヤー」など、70年代から映画史に輝く幾多のマスターピースを送りだし、世界の映画人がリスペクトを捧げてきた名匠がスタローン30年越しの熱望により、10年ぶりに監督に復帰した。本作「バレット」で初タッグとなる生ける伝説2人の尽きることのない情熱が、 悪=殺し屋ジミー・ボノモの鮮烈な生き様をスクリーンに撃ち放つ。

 生きるために“殺し”を稼業として続けてきたジミーが、唯一の心を許した相棒の復讐のために、自らのルールを捨てて手を組んだのは、若き堅物刑事テイラー。悪名高い殺し屋と、かたくなに正義を信じる刑事。掟破りのコンビの行く先には、警察、マフィア、街の全ての組織が立ちはだかり、やがて、若さも凶暴性もジミーを遥かに凌駕する、殺すために生きる究極のヒットマン、キーガンとの死闘が待っていた…。

事前情報をいただいたjohnrambo9さん、確定情報をいただいたozawaさんには深く感謝いたします m(_ _)m