4/4公開 『リベンジ・マッチ』劇場予告編!!

スライとデ・ニーロがボクサーを演じ、「ロッキーvsレイジング・ブル」という夢の対決を実現させた『リベンジ・マッチ』の日本版トレイラーが先週末公開されました!!

日本版トレイラーは本国のものよりドラマチックな仕上がりになっています。

日本向けプロモーションとしてはこちらの方が正解かもしれませんね。

【日本版】

【アメリカ版】

 

ちなみにアメリカでは4月8日にブルーレイが発売されるようです。

Grudge Match (Blu-ray + DVD + UltraViolet Combo Pack) (2014)

919SbbaG2SL._SL1500_

広告

コメント / トラックバック5件

  1. RockyZoneさんのおっしゃるとおり、アメリカ版のいかにもコメディ調な予告に対し、日本版は最初、自虐ギャグっぽい演出で笑わせておいて、ラストは感動!的な雰囲気ですよね。
    実際、本編もそんな感じなら、我々日本人にも受ける内容だと思います。

    スライ作品では過去に「ザ・ボディガード」の予告も日米ではまったくテイストの違う感じの予告でしたね。

  2. デュークさん
    アメリカ版はあれはあれでテンションあがるものでしたが、日本版のほうがなんかすごそうって感じはしますね。
    アメリカのファンの感想ではコメディーとドラマが融合されたような作品とのことなので、お国柄にあわせてプロモできる作品なんでしょうね。
    『ザ・ボディーガード』も今回と同じ感じだったんですか?
    多分これだけがファンになってから劇場で見ていない作品だと思います。

  3. よく考えたら、スパイキッズはまだビデオでもみてません・・・
    子供がもう少し大きくなったら一緒にみます。

  4. 「ザ・ボディガード」のアメリカ版予告は、おもいきりコメディモード、日本版はシリアスなサスペンスといった感じでしたね。(DVDに収録されてますよ。)

    実は自分もこの映画、劇場で見てません。(自分の住む地域には来なかった・・・。)

    スパイキッズ3は初日に行きました。初日特典のレゴみたいな簡単なおもちゃもらいましたよ。
    自分の場合はちょうど子供が小1でしたので、喜んで見てましたね。

  5. デュークさん
    教えていただきありがとうございます。

    『ザ・ボディーガード』がシリアスサスペンスはちょっと盛りすぎだと思いますが、『リベンジ・マッチ』は偽りなくコメディであり感動作でもあると信じています!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。