『大脱出』 レイ・ブレズリン連れ去りシーンの撮影場所

たまたま以下のような動画を見つけたので、久しぶりに撮影場所の特定をしてみたくなりました。

ビデオのタイトルはエクスペンダブルズの撮影と書いてありますが、服装からすると『大脱出』のレイ・ブレスリン、そしてシーンはまさに「Tomb」につれさられる直前のシーンです。

場所はあっさり見つかって、ニューオリンズ、バーボンストリート720の付近です。

まずは前打合せをする前にテラスからストリートをみているブレスリンを撮影した場所です。

写真

EP_location_002

このシーンの撮影場所は「Fritzel’s European Jazz Bar」というバーの2階です。

 

次にブレスリンが「Tomb」へ連れ去られる場所です。

EP_location_003

場所は先ほどの「Fritzel’s European Jazz Bar」の目と鼻の先の「Johnny White’s Sports Bar」の前です。

 

しかしニューオリンズは最近のスライ映画の撮影場所がいっぱいあっていいですね。いつかスライロケ地めぐりの為に訪れてみたいものです。

その為にも、これからも撮影場所の特定はコツコツつづけていきたいと思います。

 

広告

コメント / トラックバック2件

  1. 「リベンジ・マッチ」が見れないので、ひたすら「大脱出」の輸入盤ブルーレイを見て憂さを晴らす毎日ですが(笑)、ホント、スライはこのところブッ続けでニューオリンズをロケ地にしますよね。
    同じアメリカでも異国情緒漂う雰囲気がいいですし(行ったことないけど)それに伴い、予算的にもお金がかからない所なんではないでしょうか?(多分)

    かつて「映画秘宝」でスライは「ハリウッドスターの中で最も衣装代に金がかからない男」と称されていましたけど、ここのホテルでのシーンのスライの衣装、黒Tシャツにジーンズ・・・。まったくもってその通りですね。(普段着でもスライはいつもこんな格好ですよね。)
    それでもこのシンプルなスライのファッションが自分は一番好きです。

  2. デュークさん
    今やるのも変だなぁと思いながら書いてましたが、デュークさんとはタイミングあってよかったです。
    ニューオリンズは映画撮影に関する税制優遇があるので、最近は撮影が集中しているみたいですよ。 確かに雰囲気も他とは違っていて目新しくていいのかもしれませんね。
    「ハリウッドスターの中で最も衣装代に金がかからない男」の称号、鍛え上げられた肉体に勝る衣装はないからシンプルでもOKって感じなんでしょうけど、意外と?こだわりのものを身に着けていますから侮れませんよ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。