50セントアルバム制作の為出演断念 代役はテリー・クルーズ

50 Cent Explains Why He Won’t Be Appearing In Sylvester Stallone Film
MTV.com – Mar 24, 2009
http://www.mtv.com/movies/news/articles/1607612/story.jhtml

フォレスト・ウィテカーの代役として「The Expendables」への出演を決めたと報道された50セントだが仕事の都合で出演を断念、その代役としてテリー・クルーズが出演することになったとのこと。50セントの広報が3月24日に発表した声明によれば、彼はDr. Dreやエミネムと共にニューアルバム「Before I Self Destruct」の制作に忙しく、今回の依頼を受けるもスケジュールの調整がつかず出演を断念したのだという。それにより傭兵チーム唯一のブラックエクスペンダブルHale Caesar役はテリー・クルーズが演じることになった。テリー・クルーズの紹介については以下のサイトを参照されたい。(シルヴェスター・スタローン監督・主演映画、またキャスティング変更 – シネマトゥデイ Mar 25, 2009)

50セントの「The Expendables」出演については一部ファンの間から不満が爆発しスライ自身がファンサイト管理人へ50セント出演の理解を求めるメールを送るなど事態は混乱、更にアメリカの映画サイトAint it Cool Newsがそのメールをテキスト公開するなどしアメリカのメディアを巻きこんでの大騒ぎへと発展していた(最近頻繁に名前を出すAin’t It Cool News(通称: AICN)だが、元はアメリカ、テキサス州に住む映画ファンがはじめた個人サイト。人気サイトになるにつれ映画関係者が匿名の形で情報を提供するようになり、今や大手メディアもその情報量の多さ・早さ・コネクションに手を焼いているとのこと(参照:究極オタクは業界のVIP!? Ain’t It Cool News – アントレ.net)。スライ自身がここに出入りしていることはファンの間では有名)。今回の交代劇について多くのメディアは「50セントは役を下ろされた」と報道したが、スケジュール的な問題での断念、ということで決着した。

50セント out, テリー・クルーズ in
テリー・クルーズの熱演に期待したいところだ

スライより 50セント起用に反発するファンへ

UPDATED By Stallone: Ghost Dog is out of THE EXPENDABLES sadly…
Aint it Cool News – Mar 18, 2009
http://www.aintitcool.com/node/40487

大手スライファンサイトの管理人へ

あなたが私の為に多くのことをしてくれたことに感謝しています。

まず最初に、私は自滅的な人間ではないということを知ってほしく思います。今回のフォレスト・ウィテカーから50セントへのキャスティング変更について、それに怒る気持ちは判らなくもありませんが、ちょっと感情的であるしフェアじゃないと思います。俳優、歌手、スポーツ選手、彼らは多くの支持者(ファン)に支えられています。私も彼らと同様、多くのファンに支えられている人間です。そんな私たちはあなた達ファンの存在をを強く意識しながら多くの仕事にあたり、共演者同士、そしてそれぞれのファンにとってより良い結果がもたらされるよう努力しているのです。どうか私を信じて欲しい。

フォレスト・ウィテカーから50セントへのキャスティング変更は良いものです。「ロッキーシリーズ」でドルフ・ラングレンやミスター.Tがキャスティングされた当時、それを良く云う人間はいませんでした。カール・ウェザースは今でこそアポロ・クリードとしてファンの間でも絶大な人気を誇りますが、当時彼はケン・ノートンの穴を埋めるために選ばれた人間でしかありませんでした。それはエイドリアン役のタリア・シャイアーにも同じことが云えるし、「ランボーシリーズ」でトラウトマン大佐役を演じたリチャード・クレンナにも云えます。リチャードなどはそれまで喜劇的俳優として知られる人物だったのですから。

今月クランクインする「The Expendables」のキャスティングにしてもそうです。ベン・キングスレーの代わりにエリック・ロバーツが出演すると云った時、誰もそれに賛成しないどころか、サー・ベン・キングスレーの代役にエリック相応しいはずがないと云いましたが、私の意見は反対です。エリックのキャスティングも又、50セント同様素晴らしい結果をもたらすでしょう。

もし私とプロジェクトを信じるというのなら、過激な私的感情をあらわにすることを止め、そして暗いアプローチが「The Expendablesプロジェクトを支える」という目的から大きく外れる悲しい行為であることを知ってほしいのです。あなた達ファンにはとても感謝しているし、提案やvoteを繰り返すその熱意はいつも嬉しく思っています。

Signing off –

Your friend,
Sly