「ランボー5」 日本配給権は誰の手に?

ギャガ、映画の買付・製作事業から8月末で撤退
文化通信.com – Apr 18, 2008
「ギャガ株式会社」と社名変更、新組織体制も決定
文化通信.com – Aug 27, 2009

Photobucket2008年「ランボー 最後の戦場」を国内にて配給したことで知られるギャガ・コミュニケーションズ株式会社(以下、旧GAGA)は大幅な組織変更を行った。昨年7月22日、旧GAGAの発行していた全株式は親会社、株式会社USEN(以下、USEN)より、ティーワイリミテッド及びキノシタ・マネージメントへ譲渡され、それに伴い今年9月1日付けで商号を「ギャガ株式会社」に変更。又2005年よりUSENグループが行っていた完全無料動画配信サービス「GyaO!」は今年4月30日をもってYahoo!グループの傘下にはいり、Yahoo! Japanが完全運営することにより9月7日をもってUSEN運営のGyaO公式サイトは閉鎖された。

旧GAGAの組織変更については様々な憶測が飛んでいるようだが直接の原因として2008年公開された「ライラの冒険 黄金の羅針盤」の興行的失敗が指摘されている。USENグル―プ上げ大々的宣伝をした同映画は、国内興収100億円を目標としたが最終興収35~40億円に終わる結果となった。又当時旧GAGA、GyaO!はUSENグループが運営していた為、映画の宣伝ツールとしてGyaOは大いに活用されていた。

2008年5月より旧GAGAにより配給された「ランボー 最後の戦場」。
タイトル副題を「最後」としたこと、広告、TVスポットにおいて執拗に「さよなら、ランボー」と表現するなどして国内スライファンから猛抗議を受けていた。しかし結果的にサヨナラしたのは同社であり、ランボーについてはNu Image/Millennium Filmsが「ランボー5」の制作を正式発表するという皮肉な結果となった。

続きを読む