ロッキーステップ改修工事の詳細

Art Museum rolling out its dramatic Gehry expansion

ロッキーがトレーニングのクライマックスに駆け上がることで「ロッキーステップ」として広く知られているフィラデルフィア美術館の階段。

映画公開から40年近く経つ今でも、いつ何時訪れても必ずロッキーの真似をしている人に出会うといわれるほど、映画『ロッキー』と共に人々に愛されているスポットです。

それ故に、このロッキーステップに穴をあけてしまうという改修工事の計画すすんでいるというニュースは本当にショックでした。

私の方でもソースになった記事など調べてみましたので、ここにまとめておきます。

まず今年の7月1日からスタートするのは工事そのものではなく、今後行われるフィラデルフィア美術館改修に関するビジョンの展示です。建築家Frank Gehryによりデザインされた未来のフィラデルフィア美術館を模型や間取り図、デジタルイメージなどで見せるものらしいです。

肝心の改修工事についてですが、以下2つのフェースに分かれているらしいです。

・第1フェーズ ・・・ 内装工事が主で、建物の外観はノータッチ。
すでに承認がされていて、5年の歳月と$150M~$160Mの費用がかかるらしいです。

・第2フェーズ ・・・ ロッキーステップの一部を壊すことになる工事。
現在のロッキーステップのところまで続く新しい地下ギャラリースペースの建設。
こちらはまだ承認もされておらず、期間、費用も未定。
美術館関係者もロッキーステップを壊すことに関して反論も多いだろうと予想しているとのこと。

ということでまだロッキーステップがすぐになくなるということではなさそうです。

ただ、ここはこの先もずーっと変わらなく存在し続けるものと思っていたのは甘かったです。

まだ先と思っていたロッキーステップ訪問ですが、早めに行っておこうかとも考え始めています・・・

art-museum

関連記事

“ROCKY STEPS” SET FOR RENOVATIONS

Dept. Of Internet Rumors: Early Glimpse At Art Museum Renovation Includes Some New-Look Stairs (Updated)

衝撃ニュース!!ロッキーステップの工事!?

広告

『ロッキー・ザ・ファイナル』撮影現場 ジム

『ロッキー・ザ・ファイナル』にでてくるジムというと、皆さんが思い浮かべるのはもちろん「Mighty Mick’s Gym」だと思いますが、もうひとつ、ロッキーがメイソン・ディクソンとの対戦にそなえトレーニングする場所(ジムと呼べるものではないかもしれません・・・)があります。

この“ジム”の外観は実際にフィラデルフィアにある建物が使われています。

場所は 1120 N Front St  Philadelphia, PA 19123  USA  付近です。

かなりマイナーですが、一応ここもロッキーロケーションでしょう。

それでは 劇中ショットとストリートビューを乗せておきます。

【劇中ショット】

【ストリートビュー】 真ん中ぐらいの「WOOD SUPERIOR INC.の看板があるところです。

 

下のリンクの記事によるとずっと空家状態だったこの建物が、今年(2012年)の7月に火事に見舞われたようです。 記事の写真を見る限りでは、まだ面影ありますので、セーフです。

Owner of Burned-Down Warehouse at Front and Girard: Convicted Drug Dealer or Big-Butt Aficionado?

nissenにてロッキーグッズ販売中

SYLVESTER STALLONE’S MEMORABILIA BLOGのjohnrambo9さんから教えていただいた情報になります。

カタログショッピングのnissenがロッキー関連の商品を扱っています。 こんなところでロッキー関連商品を見つけ出すとは、johnrambo9さんはアンテナ張ってますね~。

商品は以下の2品です。

ハリウッド映画中わたリバーシブルジャケット―A

ハリウッド映画トラックジャケット―G

トラックジャケット、なかなかかっこいいです。

両商品ともに注文締切日 が 2011年2月28日になっていまので、ほしい方はお急ぎください。

以下、 johnrambo9さんのユーザーレビューになります。

 

「リバーシブルジャケットはプリント状態が決していいとはいえず、
近くから見たら、文字がにじんで見えます。遠くからなら問題ないですが…
ジャージは料金的もオススメです。
小さいサイズから大きいサイズまでそろっているのがいいですね。」

 

UNIQLOとかでも80年代のハリウッド映画のプリントTとか扱ってますので、そろそろロッキー、ランボーあたりが来ないかなと期待しています。

johnrambo9さん、情報提供ありがとうございます!!

ロッキーを応援しよう! ロッキーvsアポロ

かなり遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

さて、Get Your Film Fix というサイトで行われている映画上の最強ボクサーを決めるトーナメントでベスト4が出揃いました。

なんと!ロッキーシリーズのキャラクターが独占です。

準決勝は以下の2試合です。

#1 Rocky Balboa vs. #5 Apollo Creed

#2 Ivan Drago vs. #3 Clubber Lang

みなさんのみたい決勝のカードはどれでしょう? 私はロッキーvsドラゴが希望です。

がんばれロッキー!!

 

ちなみに以下が今回のトーナメントの参加キャラクターです。

ロッキーシリーズが圧倒的人気でとてもうれしいです!

1. Rocky Balboa (Rocky – Rocky Balboa)
2. Ivan Drago (Rocky IV)
3. Clubber Lang (Rocky III)
4. Muhammad Ali (Ali)
5. Apollo Creed (Rocky – Rocky IV)
6. Butch Coolidge (Pulp Fiction)
7. Rocky Marciano (Rocky Marciano)
8. James J. Braddock (Cinderella Man)
9. Jake LaMotta (Raging Bull)
10. “Honey” Roy Palmer (Diggstown)
11. Rubin “Hurricane” Carter (The Hurricane)
12. Mountain Rivera (Requiem for a Heavyweight)
13. Micky Ward (The Fighter)
14. Charley Davis (Body and Soul)
15. Bill “Stoker” Thompson (The Set-Up)
16. Maggie Fitzgerald (Million Dollar Baby)

スライ来日の思い出

daylightさんのコメントを拝見させていただき、共感するものがあったので
私が初めてスライに会えたときの思い出を語りたいと思います。

私が初めて生スライを体験したのは『ロッキー・ザ・ファイナル』での来日時です。

ロッキーとしてのスライ来日ということで、どうしてもスライに会いたいと思いました。
ちょうど仕事も佳境をむかえていて空港かジャパンプレミアの片方しか無理な
状況だったので、一番スライに近づけるのが空港でのお出迎えなんじゃないかと思い、
そちらを選びました。

ネットでひたすら調べましたが、成田空港○○時というカキコを
見つけられたくらいでした。私は騙されたと思って、そのカキコ通り
当日始発で成田に向かいました。

成田といっても第1と第2ターミナルがあり、
それぞれ2箇所の出口があることを現場について知りました。
それでも私はスライに会えることを信じて、
ひたすらシャトルバスを使って4箇所の出口を行き来しました。

そんなことをやっていたら、テレビカメラを持った
マスコミの人らしきグループを見かけました。
「スタローン来日の取材ですか?」とお尋ねしたところ、
「そうだ」とのことだったので
その場所までついていかせてもらいました。

現場についてから3、4時間ぐらいそこで待つことになったでしょうか。
次第にマスコミの人たちがざわざわしだし警備の人たちが追加されたので、
いよいよ憧れのスライに本当の会えるのだと興奮しまくりでした。
その異様な雰囲気に気づいた周囲にいた観光客も集まり、
スライがゲートから出てきた時には300人ぐらいの人だかりができていました。

「サインは絶対駄目」と事前に関係者から厳しく注意を受けていたので、
サインを貰うことはできませんでしたが
スライは少なくとも前列にいた人たち一人ひとりに「Hello」と声をかけながら
力強い握手をしてくれました。
初めての憧れの人との対面で私は一言もしゃべれませんでしたが、
帰りの電車の中でもまだ感じるとこができるぐらい
しっかりとした握手してもらった感動は今でも忘れられません。

自分がこのブログを引き継いで続けているのも、あの感動があるからかもしれません。

今回はいままで以上に来日に関する情報がありません。
情報なくてもなんとかなるかもしれません。

まだ、スライにあったことがないファンの皆さんも
ぜひ今回は行動をおこしてみてはいかがでしょう?

ちなみに写真はその時のものです。かなりの混乱でした・・・

ロッキーステップでの『ロッキー』上映イベント 続報

こんにちは、RockyZoneです。

以前ブログにもエントリーした「ロッキーステップでの『ロッキー』上映イベント」の続報です。

その上映会の模様のビデオがYoutubeにアップされていました。映画上映前にはスライからのメッセージが上映されるなど、ロッキーファンにはたまらないイベントだったと思います。スクリーンの向こうに見える夜景もきれいですね。

スライのメッセージは以下のような感じです。

「ロッキーステップにお集まりくださりありがとうございます。このステップは私にとってとても大切は場所です。これに出会っていなかったら『エクスペンダブルズ』もできなかったでしょう。とても「マジカル」な場所です。 この階段が『ロッキー』にとってこんなにも重要な場所になるまでには面白いいきさつがあります。 脚本からして、ロッキーが街中を走り回りまわらなくてはならないことは分ってました。映画はとても低予算だったので、バンで移動しあちらこちらで撮影していました。そんな時私は子供のころに訪れた階段を思いだし、ロッキーがバッカスを担いで階段を登るのはシーンはどうだと提案しました。ロッキーの強さを象徴できるし今までにないオリジナルなものになると思ったのです。実際にやってみると4段ぐらいで、これは無理だと思い辞めました。そこでロッキーが1人で駆け上がることにし、最初はバテぎみで登っていき、最後には疲れも見せず駆け上がっていくことでロッキーが試合に向け準備万端なことを示すことができました。そこにいた誰もがこのシーンがこれほどの受け入れられ方をするとは思っていませんでした。それは人生の山、谷を含むすべて、個人的な目標に向っていくことを象徴した「マジカル」な瞬間になりました。32年後、私の人生で最も悲しく映画のようなシーンが『ロッキー・ザ・ファイナル』での雪のふるこの階段だったことが皮肉に感じます。ただし『ロッキー』から『ロッキー3』まではこのステップはマジカルでした。自分にとっては本当に「マジカル」であり、皆さんにも同じだと願いたいです。」

学生時代に一度訪れたことがある「ロッキーステップ」ですが、また行きたいという気持ちでいっぱいです。私にとっても何度でも訪れたい「マジカル」な場所です。

スライのメッセージだけなら、上映会を主催したAlamo Drafthouse CinemaのYoutube動画がいいです。

「ロッキー」全シリーズBly-ray diskで登場 – 20世紀フォックス

Photobucket20世紀フォックス、「ロッキー」シリーズ全6作をBD化
Phile-web – Feb 19, 2010

20世紀フォックスはロッキーシリーズ全6作をブルーレイディスクとして発売する。同シリーズは2007年に第一作目の「ロッキー」、2008年に「ロッキー・ザ・ファイナル」がBlu-ray化され、この二作は「『ロッキー』+『ロッキー・ザ・ファイナル』ブルーレイディスクBOX」としボックス販売された。昨年2009年11月にはシリーズ全6作にボーナスディスクをプラスした「ロッキー ブルーレイ・コレクターズBOX」が発売されたが全6作の単品発売は初めて。

発売予定日は4月23日。