The Expendables は The Dirty Dozenスタイルか

こんにちは、11月も半ばですね^-^
今日SylvesterStallone.comを見ていたら、NEWS欄が更新されており「The Expendables」について Let’s hope for a Dirty Dozen style adventure! とありました。Dirty Dozenとは何かと思ったのですが、調べますと「The Dirty Dozen(邦題: 特攻大作戦)」という1967年のアメリカ映画のことを云っているようです。監督はロバート・アルドリッチ。詳しいストーリー・解説、監督については以下のURLをご参照ください。

「特攻大作戦(The Dirty Dozen)」ストーリー・解説
http://www.k3.dion.ne.jp/~e-gatsby/cinema/dirtydozen.htm
ロバート・アルドリッチ
http:/ja.wikipedia.org/wiki/ロバート・アルドリッチ

ロバート・アルドリッチを忘れぬ為に(ファンサイト様)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tatuki/newtop.html
(各種考察、フィルモグラフィ、淀川長治氏による「特攻大作戦」の解説等)

 

この記事の表題をそれっぽく書いていますが、残念ならが私はこの作品のことを知りませんし、監督のことも、又、他の作品のこともまったく知りません。ただ、「ランボー4」についてのD・マレル氏のインタビューを読んで知った「サム・ペキンパー」というキーワードから皆さまに情報を頂き、「ワイルド・バンチ」のデス・バレエを知る事が出来ました。あの衝撃は忘れることが出来ません。そして恐らく、スライのオフィシャルが「The Dirty Dozen」と名指ししているのであれば、きっとこの映画を知ることにより「The Expendables」を二倍にも三倍にも楽しめるのではと期待しております。

以前、スライがブロンソン主演の「狼よさらば」をリメイクをするという話が出ていましたが、「The Dirty Dozen」にブロンソンは出演しているのですね。もうあの話は、これにより解決したと思って良いのでしょうか。それとも、たまたまなのでしょうか。気になります。大変気に掛かっています。「The Expendables」の公開は2010年とされていますから再来年です。のんびりまったり期待と不安を蓄積させ、一気に爆発へと持って行きたいと考えています。

広告