スライの近況、つれづれなるままに・・

『CREED』について
先日『リベンジ・マッチ』のプロモでイタリア訪問中のスライが「2月から『CREED』の撮影が始まる」といっていましたが、まだ始まってませんね。

主演を務めることになっているMichael B Jordanは3月から別の映画の撮影に入るようですので、『CREED』はしばらく撮影されないんじゃないかと噂されています。

企画倒れに終わったなら終わったで、それはそれでいいかなとも思っています。 とにかく中途半端なものだけは勘弁してほしいのでこの作品に関しては、気長に待ちたいと思います。

その他最新作について
ロンドンで行われたトークイベント「An Evening with Sylvester Stallone」で「『ランボー5』はない」と言っていたスライですが、アカプルコ国際映画祭でのインタビューでは「『エクスペンダブルズ4』や『ランボー5』のロケ地としてアカプルコもいいね」みたいなことを言っています。

『ランボー2』ではアカプルコ周辺で撮影を行ったということもあり、スライも愛着があるようです。

次回作に関してはいろいろ模索中なんでしょうね。

ファンの間では『EX4』や『ランボー5』の他に、「実現に近づいてきた」とスライが言っていた『悪人に平穏なし』のリメイクや、以前デ・ニーロと一緒のインタビューでスライが「自分も仲間に入れてくれ」と冗談めいたお願いをしたスコセッシ監督、デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシ出演の『The Irishman』、先日出所したアクション映画の巨匠ジョン・マクティアナンの『RED SQUAD』なんかが熱望されています。

さすがファンが希望しているだけあって、どれも魅力的です。

エクスペンダブルズ関係
エクスペンダブルズにちょっとでも関係する話をここで纏めておきます。
女性版エクスペンダブルズ『The ExpendaBelles』、一応スライがプロデューサってことに驚きました。おわり。

スライが『ザ・レイド』を超える!と宣言した『エクスペンダブルズ3』の監督パトリック・ヒューズがハリウッドリメイク版『ザ・レイド』の監督に決定したようです。『EX3』での手腕が買われての起用だとすると、『EX3』はやっぱり期待できますね!! でも、ちょっと複雑・・・

ジョン・マクティアナン監督に『EX4』をやってほしい!というファンの声が大きくなってきました。ジョン・ウー監督とジョン・マクティアナン監督だったらどっちがいいですかね~? そろそろ大物監督も参加してほしいですね。

最後に

画像がないので、これを張っておきます。先週、先々週の大雪の時、『ロッキー4』が見たくてたまりませんでした。今週末は雪かきもないので、そろそろ観ようと思います。

rocky4

【ソース】

Berlin: Robert Luketic To Helm Millennium’s ‘The ExpendaBelles’; Who Should Star?

THE EXPENDABLES 3 Director Patrick Hughes to Helm THE RAID Remake; Hemsworth Brothers Sought for Lead [Updated]

Promo Poster for Director John McTiernan’s RED SQUAD

広告

スライ、『Creed』の次はスペイン版アカデミー賞『悪人に平穏なし』のリメイクに挑戦!?

デ・ニーロとの共演作『リベンジ・マッチ』のスペイン向けインタビューでスペイン映画『悪人に平穏なし』のリメイクの話はどうなったのか?ときかれ、「もう少しのところまで来ている」と答えています。

以下の動画の4:52ぐらいからです。

 

スライが最初にこの映画のリメイクに意欲を見せたのが2012年3月、それ以降アップデートがなかっただけに、話がなくなってしまったと思っていましたが、まだ立ち消えたわけではなさそうです。

この質問へのスライ受け答えを見る限り、スライはこの作品をかなり気に行っているように思えます。次はこれになるかもしれません!

同映画は2012年のスペイン版アカデミー賞6冠にも輝いた作品で、主役がかなりのアンチ・ヒーローとのことです。

今まさに、よりドラマ性が高い映画への出演を希望しているスライにはうってつけの作品ではないかと思っています。

最初に聞いた時からぜひスライにやってほしい作品だったので、是非実現してほしいです!!

 

以下のあらすじは配給元の松竹さんのホームページからの引用です。

松竹DVDクラブ 悪人に平穏なし

「中年刑事のサントスは、かつては周囲から絶大な信頼を集める敏腕捜査官だったが、数年前の捜査中に起きたある事件をきっかけに、最前線からは退き、輝かしいキャリアと自信を失っていた。左遷された今の仕事といえば、小さな事件の処理と膨大なお役所仕事だけ。サントスは酒に溺れる、辛い人生を送っていた。」
「スペイン・マドリード市内のある夜。サントスは泥酔して立ち寄った酒場で、店主と店員に絡んだあげく酔った勢いで店内にいた3人を銃殺してしまう。とっさに犯罪現場の証拠隠滅を図ろうとするが、防犯カメラには現場から逃げ出す目撃者が映っていた。自分の犯行を隠蔽するため目撃者を追走するサントスは、大規模な麻薬取引のネットワークに遭遇。それは、とてつもなく精巧に仕組まれたあるテロリスト集団が企む犯罪プランに資金調達をするものであった…。」
「一方、酒場での殺人事件を追う警察の捜査陣は、残された証拠からサントスに疑惑を向け始める…。テロリスト集団の最終目的を知るサントスと、そんな計画を知らずにサントスを追い込み始める捜査網。残された時間もなく、最後の正義を胸に秘めただ一人テロリストに対峙するサントスに孤独な闘いがはじまった…。」

松竹さんのホームページにもスライによるリメイク進行中って書いてありますね(^^)

スタローン、スペイン映画のリメイクを検討中!!

In conversation: Sylvester Stallone

先日カナダの Fallsview Casino で行われた「An Evening With Sylvester Stallone」はかなり盛り上がったようです。

詳細は時間のあるときに詳しく書こうと思いますが、気になったポイントだけご紹介します。

【次回作について】

悪役を演じたことがないことについて聞かれ、スライはスペイン映画「No Rest for the Wicked」のリメイクを検討中で、その役どころがかなりのワルであると明かしています。

『バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト』の主人公のような感じで、さらにワルとのことです。

原作はスペイン版アカデミー賞のゴヤ賞を受賞。松竹さんが買い付けを行ったようで、あらすじをツイートしてます。

スライはこれを「次の作品」とよんでいたようなので、『Tomb』の次はこれになるかもしれません。 あらたな魅力をひきだすには格好の作品のような気がします!

【ランボー5について】

ランボーについては以下のようにコメントしてます。

「是非、ランボーの続編をやりたい。彼は国境沿いのアリゾナにいて、メキシコに行くことになる。メキシコ人の敵とやりあうことになるでしょう。」

ランボー5もまだ可能性ありです。