『リベンジ・マッチ』撮影場所 ヘンリー・“レイザー”・シャープの家

Blu-ray、DVDも発売されたので、今まで非公開にしていた記事を公開します。

スライ扮するヘンリー・“レイザー”・シャープの家の撮影場所が特定できました。

映画内では場所はピッツバーグの設定ですが、撮影自体はお馴染みのニューオリンズで行われています。

場所はPark  Blvd.です
(個人宅の可能性が高いのでぼかしておきます、下のストリートビューでご確認ください)。

例によって比較できるように、劇中スチルとGoogleストリートビューを張っておきます。
画面中央、白と青の家です。

286699.jpg-r_640_600-b_1_D6D6D6-f_jpg-q_x-xxyxx

4-GM-1024x576

『エクスペンダブルズ2』撮影場所 バーニーとマギーの密会場所

『エクスペンダブルズ2』ロケ地特定シリーズ第2弾、今回はバーニーが初めてマギーに会う場所です。

撮影場所はニューオリンズ、Mardi Gras BlvdtとTeche St(Monroe St)が交差する辺りのCrescent City Connectionという橋の下です。2本の橋、橋脚の階段、そして、奥に見えるCEASAR’Sというお店から場所を特定しました。

まずは劇中ショットから張っておきます。

barney_maggie_01

バーニーがバイクを止めた場所が分かるシーンです。

barney_maggie_02

マギーのバイクを追っかけているシーンです。奥にある建物がよくわかるシーンです。

下がGoogleストリートビューからの画像です。 CEASAR’S

google_barney_maggie

撮影場所です。奥にCEASAR’Sがみえます。

google_ceasar's

CEASAR’Sに近づいたストリートビューの画像です。映画中の建物と同じです。

地図は以下になります。正確な住所がないので、一番近いものが印されてますが、実際はTeche StからMardi Gras Blvdtへ入って少し行ったところです。

 

『エクスペンダブルズ2』撮影場所 行きつけのバー

『エクスペンダブルズ3』の公開が近づいてきたので便乗して、前作のロケ地の特定をしていきたいと思います。

今回は中国でのミッションの後にメンバーがリラックスした様子で楽しんでいたあのバーです。

この外でビリー“ザ・キッド”がエクスペンダブルズから足を洗うことをバーニーに告げた場所でもあります。

bar_01

ロケ地も実際のバーでして、映画の撮影が頻繁に行われている結構有名なバーらしく、映画内でもお店の名前がそのまま出ています。

お店ですので、住所等も載せておきます。

Old Point Bar

545 Patterson Dr, New Orleans, LA 70114

それではいつものごとく上側に劇中ショット、下側にGoogleストリートビューからの画像を比較の為に、並べて張っておきます。

bar_02bar_google

地図も載せておきます。

次回はバーニーとマギー密会の場所を特定したいと思います。

ロッキーステップ改修工事の詳細

Art Museum rolling out its dramatic Gehry expansion

ロッキーがトレーニングのクライマックスに駆け上がることで「ロッキーステップ」として広く知られているフィラデルフィア美術館の階段。

映画公開から40年近く経つ今でも、いつ何時訪れても必ずロッキーの真似をしている人に出会うといわれるほど、映画『ロッキー』と共に人々に愛されているスポットです。

それ故に、このロッキーステップに穴をあけてしまうという改修工事の計画すすんでいるというニュースは本当にショックでした。

私の方でもソースになった記事など調べてみましたので、ここにまとめておきます。

まず今年の7月1日からスタートするのは工事そのものではなく、今後行われるフィラデルフィア美術館改修に関するビジョンの展示です。建築家Frank Gehryによりデザインされた未来のフィラデルフィア美術館を模型や間取り図、デジタルイメージなどで見せるものらしいです。

肝心の改修工事についてですが、以下2つのフェースに分かれているらしいです。

・第1フェーズ ・・・ 内装工事が主で、建物の外観はノータッチ。
すでに承認がされていて、5年の歳月と$150M~$160Mの費用がかかるらしいです。

・第2フェーズ ・・・ ロッキーステップの一部を壊すことになる工事。
現在のロッキーステップのところまで続く新しい地下ギャラリースペースの建設。
こちらはまだ承認もされておらず、期間、費用も未定。
美術館関係者もロッキーステップを壊すことに関して反論も多いだろうと予想しているとのこと。

ということでまだロッキーステップがすぐになくなるということではなさそうです。

ただ、ここはこの先もずーっと変わらなく存在し続けるものと思っていたのは甘かったです。

まだ先と思っていたロッキーステップ訪問ですが、早めに行っておこうかとも考え始めています・・・

art-museum

関連記事

“ROCKY STEPS” SET FOR RENOVATIONS

Dept. Of Internet Rumors: Early Glimpse At Art Museum Renovation Includes Some New-Look Stairs (Updated)

衝撃ニュース!!ロッキーステップの工事!?

『バレット』撮影場所、斧ファイトシーン

『バレット』のクライマックスといえば、スライ扮するジミー・ボノモとジェイソン・モモア演じるキーガンが斧をぶん回して戦うあの斧ファイトです。

まずは思わず力が入ってしまうこのショットです。

BTTH_FL_0417_001

この戦いの舞台となっているのが、廃墟になった工場跡地らしき場所です。

建物の外観が映画でも映ります。以下です。

BTTH_FL_0417_002

撮影場所はニューオリンズの1625 South Peters streetにあるThe New Orleans Public Service Incorporated power plantという元発電所です。

映画では近くを流れるミシシッピ川側から元発電所を映しています。 ストリートビューではそちら方面にいけないので、Googleマップに埋め込まれている同じ面(ちょっと確度が違いますが)を撮影した写真と地図を張っておきます。

BTTH_axe_fight

 

Googleマップです。


ちなみにこの場所はヒル監督のデビュー作『ストリートファイター』でも撮影に使われたようです。

内部が見たい方は以下のリンクでご堪能ください。

Abandoned New Orleans Public Service Incorporated Power Plant

 

【その他参考リンク』
「バレット」で監督復帰! スタローン主演作で来日したウォルター・ヒル監督を直撃

 

『大脱出』撮影場所、 脱獄後の連絡場所

スライ&シュワW主演作『大脱出』でスライ扮するレイ・ブレズリンが映画冒頭に脱獄をし、自分の居場所を連絡するシーンの撮影場所が特定です。

場所はニューオリンズから西へ40kmぐらいいったNorcoという街の9th St.とGoodhope St.の間のAirline Drive沿いにあります。

比較の為に劇中ショットとGoogleストリートビューを張っておきます。お店の名前はそのままなんですね。

電話ボックスがないのはちょっと残念です。

EP_FL_0416_001

EP_FL_0416_002

お店そのもの、向かいにある丸い貯蔵施設と一致してます。

『大脱出』 レイ・ブレズリン連れ去りシーンの撮影場所

たまたま以下のような動画を見つけたので、久しぶりに撮影場所の特定をしてみたくなりました。

ビデオのタイトルはエクスペンダブルズの撮影と書いてありますが、服装からすると『大脱出』のレイ・ブレスリン、そしてシーンはまさに「Tomb」につれさられる直前のシーンです。

場所はあっさり見つかって、ニューオリンズ、バーボンストリート720の付近です。

まずは前打合せをする前にテラスからストリートをみているブレスリンを撮影した場所です。

写真

EP_location_002

このシーンの撮影場所は「Fritzel’s European Jazz Bar」というバーの2階です。

 

次にブレスリンが「Tomb」へ連れ去られる場所です。

EP_location_003

場所は先ほどの「Fritzel’s European Jazz Bar」の目と鼻の先の「Johnny White’s Sports Bar」の前です。

 

しかしニューオリンズは最近のスライ映画の撮影場所がいっぱいあっていいですね。いつかスライロケ地めぐりの為に訪れてみたいものです。

その為にも、これからも撮影場所の特定はコツコツつづけていきたいと思います。