私の宝物 スライサイン入りロッキー・グローブ

こんにちは、RockyZoneです。

たまには私の所有しているスライコレクションをご紹介しようと思います。

記念すべき第一弾は私のスライコレクションでも最高級の Diamond Select Toys社製、「ロッキー “Go the Distance” ボクシンググローブレプリカ」です。

もの自体はロッキー30周年記念の2006年に限定1776個で製造されたものですが、『ランボー最後の戦場』のジャパンプレミアの際、スライに生まれて初めてサイン貰ったものでもあり、特別に思い入れがあります。

ロッキーのグローブというとEVERLASTだと思ってしまいますが、EVERLASTが使われたのは『ロッキー・ザ・ファイナル』だけで、第1作目はメキシコのCASANOVA社製 のものが使われています。 このレプリカもCASANOVAのロゴがあります。

今回ご紹介するものはグローブだけでなく専用ケースもついてくるものです。

このケースが64cm x 38cm x 25cm の大物なので、送料が本体なみにかかりました。

専用ケースの背景はロッキーがロッキーステップ頂上でガッツボーズしているものです。この写真大好きです。

手書きシリアルNo.プレートつきです。私のは766です。 1976っぽくて好きです。

SLY_JPの前にメモさんがやられていたブログに掲載してもらった写真もついでに追加しておきます。『ロッキー・ザ・ファイナル』初日にもらったポスターをバック撮ってます。

ちなみに、専用ケースは造りが悪いので、送料と置き場所のことを考えるとあまりオススメできませんが、スライに初めてサインを貰ったこのクローブは私の宝物です。

広告

サントラ調査サイト「SoundtrackDetective」さん

こんにちは、RockyZoneです。

SLY_JPと相互リンクさせていただいている「SoundtrackDetective」さんをご紹介いたします。

SLY_JP掲示板にてテルさんに教えていただいたのですが、「SoundtrackDetective」さんは洋画を中心に映画内使用音楽を調査しているサイトになります。

われらが『エクスペンダブルズ』についても調査されています。 サントラだけかと思いきや映画製作についてや、使用されている武器など調査対象は多岐に渡っています。 スライ専門のSLY_JPより綿密に調査されていますね。私も見習わなくちゃいけないです。 

当サイトはサントラ好きの常連さんが多いので、Soundtrack Detectiveさんはぴったりではないでしょうか。

テルさんご紹介ありがとうございます。

映画史上最もロマンチックな瞬間に『ロッキー』選出

The Movies’ Most Romantic Moments

バレンタインにあわせてMovingPicturesNetwork.comというサイトが「映画史にのこる最もロマンチックな瞬間」というテーマで映画を選んでいます。

我らが『ロッキー』も選出されています。

同サイトによると、「『ロッキー』は史上最もすばらしいラブストーリーのひとつ」とのことです。

『ロッキー』のチラシには確かスライが「これはラブストーリーだ」とコメントしていましたね。

改めてこういった観点からもこの映画のすばらしさが認められるのは大のロッキーファンの私としてはうれしいです。

スタローン新作情報 『Headshot 』

シルヴェスター・スタローン、新作映画で若き刑事と組む殺し屋役へ

次回作はてっきり『エクスペンダブルズ2』だと思っていましたが、ここにきてスライの新作が発表されました。

映画タイトルは『Headshot』、スライは若手NYPDの刑事とタッグを組む殺し屋を演じるようです。

どこの記事をみても内容は同じなのでシネマトゥデイの記事をそのまま貼り付けておきます。

「本作はニューオーリンズの裏通りで殺し屋として生きる主人公が、2つの殺人事件をきっかけに、若きニューヨーク市警の刑事と協力して政界を巻き込む重要捜査に身を投じていく物語」

監督・・・ウェイン・クレイマー(『ワイルド・バレット』)

脚本・・・アレサンドロ・キャモン『ザ・メッセンジャー / The Messenger』

というスライにとって久しぶりの俳優のみの参加ですね。脚本、監督がスライをどう活かすのか見ものです。

撮影は5月からニューオリンズとニューヨークで開始らしいです。

またまたニューオリンズでの撮影ですので、ニューオリンズはスライファンならいずれ訪れなきゃいけない街のリスト急上昇です。

スライのいつもと違った魅力を引き出すような作品であることを希望します。

これをとり終えたら『エクスペンダブルズ2』撮影開始!でしょうかね?

みーやんさん、Hさん情報提供ありがとうございました。

『エクスペンダブルズ』バーニー・ロスになりきろう!キャップ編

Sylvester Stallone & Jason Statham On The Set Of “The Expendables”

前回のジーンズ編につづき今回の『エクスペンダブルズ』バーニー・ロスになりきろう企画はカジュアル路線でいきます。

獲物はヴィレーナに偵察に行った際にバーニーがかぶっていた以下のキャップです。

モノはパタゴニアの「Live Simply Trucker hat」というものらしいです。パタゴニアがTwitterでつぶやいています。

横に並べてみましたが、まさしくコレでしょう。

私がこのキャップを特定できた時には、映画で使われたものは既に販売終了していました。

久しぶりに検索してみたら、パタゴニアのサイトで色違いのものを販売していました。ご興味のある方は以下のリンクからどうぞ。

Patagonia Trucker Hat

ということで、バーニー・ロスのキャップはパタゴニアの「Live Simply Trucker hat」でした。

nissenにてロッキーグッズ販売中

SYLVESTER STALLONE’S MEMORABILIA BLOGのjohnrambo9さんから教えていただいた情報になります。

カタログショッピングのnissenがロッキー関連の商品を扱っています。 こんなところでロッキー関連商品を見つけ出すとは、johnrambo9さんはアンテナ張ってますね~。

商品は以下の2品です。

ハリウッド映画中わたリバーシブルジャケット―A

ハリウッド映画トラックジャケット―G

トラックジャケット、なかなかかっこいいです。

両商品ともに注文締切日 が 2011年2月28日になっていまので、ほしい方はお急ぎください。

以下、 johnrambo9さんのユーザーレビューになります。

 

「リバーシブルジャケットはプリント状態が決していいとはいえず、
近くから見たら、文字がにじんで見えます。遠くからなら問題ないですが…
ジャージは料金的もオススメです。
小さいサイズから大きいサイズまでそろっているのがいいですね。」

 

UNIQLOとかでも80年代のハリウッド映画のプリントTとか扱ってますので、そろそろロッキー、ランボーあたりが来ないかなと期待しています。

johnrambo9さん、情報提供ありがとうございます!!

『エクスペンダブルズ』バーニー・ロスになりきろう!ジーンズ編

久々の『エクスペンダブルズ』バーニー・ロスになりきろう企画ものです。

今回はジーンズです。

以下の写真のように、戦闘時以外のバーニーはジーンズを愛用しています。

ヴィレーナ偵察時

Tool’sでたむろしている時

それでは、ジーンズにもうすこし焦点をあてていきましょう。

ヴィレーナで乱闘中のバーニーのジーンズ

Tool’sでタトゥーを入れてもらう時のジーンズ

バーニー・ロスのジーンズは我らがリーバイズですね。

実は『エクスペンダブルズ』のエンドロールの「Special Thanks to・・・」で2つのジーンズブランドが挙げられていました。LEVI’SとDIESELです。

バーニーはLEVI’S派だったんですねー。DIESELは誰がはいているんでしょう?

ちなみに私は高校生以来ジーンズはリーバイス!と決めてずっとリーバイスだったんですが、5年ほど前からディーゼルに乗り移ってしまいました・・・。

やっぱりジーンズはリーバイス!にしておけばよかったです(涙)

【特定に使った動画】

Stallone’s Insane Action Scenes

The Expendables – BTS Episode 3 “All The Stars Together” (1:43)