スライの次作『Creed』 キャスティング、オーディション開始

ロッキーのライバルアポロの孫に焦点をあてるロッキーシリーズのスピンオフ映画『Creed』のキャスティングが始まったようです。

「Casting Calls and Auditions」というサイトが以下の2つの役の募集について取り上げています。

1) 手話がわかる7、8才の少女

2) 経験豊富なボクサー

どちらもオーディション、フィラデルフィアでの撮影に参加できることが条件になってます。

『Creed』、きてます!

(『Rambo 5』もキャスティング始まった情報あったんですがね~ (:_;) 、どうなったんでしょう?)

2009649-df

広告

スライ次作『Creed』新情報 2014/10/16

Exclusive: New “Rocky” Movie Gonna Fly in January with Michael B. Jordan as Apollo Creed’s Grandson

Showbiz411によるスライの次回作『Creed』の新情報を以下にまとめておきます。

・Michael B. Jordan演じる主人公、アポロの孫の名前はAdonis Creed

・Adnisの耳の不自由な腹違いの妹、10歳

・Adonisの女友達、医者、インド系

・ロッキーとMickey’sジムを共同所有しているJoe

・元ボクサーのPete

・ミッキーのような役どころのMarcel、

ラテン系アメリカ人でAdonisのトレーニングを手伝っている

 

撮影は前情報通り、1月スタート。フィラデルフィアでも撮影があるようです。

rocky-apollo-creed

いい作品になりますように・・・

スライの次作は『Creed』!?

先週ぐらいの話ですが、スライが急に『Creed』の話をし始めました。

まずは10/1に行われたCurtis StevensとHassan N’Damのボクシングの試合でインタビューを受けたスライが結構強引に話題を『Creed』に持って行っています。

1月に撮影すると言っています。

更に10/3にメキシコで放映されたインタビューでも同映画について触れています。

ロッキーを取り巻く環境について語っていますが、なんとなくまだ曖昧な感じをうけます。

先日のマイケル・B・ジョーダンの発言とも一致してますし、これは本当に1月に撮影しそうな感じです。

次はてっきり『ランボー5』だと思っていましたが、髪が伸びている感じもなくこちらの撮影はしばらく先になったようですね(でもメキシコのテレビのインタビューを受けたってことは『ランボー5』のロケーション探しの為メキシコを訪れたからかもしれません)。

この『Creed』については賛否両論ありますが、やるのなら本当にいい作品にしてほしいと切に願います。

ロッキーのスピンオフ映画『Creed』アップデート

Michael B. Jordan Confirms ‘Star Wars’ Rumor

スライもロッキー役で出演が予定されているロッキーのスピンオフ映画『Creed』についてのプチ情報です。

同映画の監督から主役を指名されているMichael B. Jordanさんは、最近もっとも注目されている若手俳優さんらしく、他にもに『インディペンデンス・デイ』、『ファンタスティック・フォー』のリブート、『スター・ウォーズ エピソード7』にも出演する予定らしいです。

最近行われたThe Huffington Postとのインタビューで『Creed』について以下のように語っています。

「素晴らしい企画だから、 撮影が待ち遠しい。 まさに進行中だ。」と答えています。

ということで、企画は水面下でちゃんとすすんでいるようです。

スライは『エクスペンダブルズ3』の後にすぐこの『Creed』に取りとりかかるかもしれませんね。

michael-b-jordan

 

『ロッキー』のスピンオフ映画『CREED』企画中!!スライも出演!!

‘Fruitvale Station’ Duo Ryan Coogler And Michael B. Jordan Team With Sly Stallone On MGM ‘Rocky’ Spinoff ‘Creed’

このニュースにはとても驚きましたね。
なんとロッキーシリーズのスピンオフ映画『CREED』が企画中とのことです。

この映画はロッキーの宿敵&親友、アポロの孫が主人公になるそうです。

裕福な家庭に育ちボクシングをする必要もなく、家族もそれを望んでいないにも関わらず、祖父譲りの闘争本能と才能によりボクサーを目指すとのこと。

ロッキーに指導をもとめるが、ロッキーはボクシング再度関わることを望んでいないという設定のようです。

監督はRyan Cooglerという監督さんで、主人公クリードはMichael B. Jordanと交渉中。

この2人は今年のサンダンス映画祭で審査員グランプリと観客賞の2冠に輝いた『Fruitvale Station』でもタッグを組んでいる実力派です。

特に注目はこの映画がどのようにここまで来たのかです。

Coogler監督は以前よりこの『CREED』をドリームプロジェクトと位置付けていたらしく、所属するタレントエージェンシーWMEがCoogler監督とスライのミーティングを設定。

スライがアイデアを気に入り、ロッキーを復活させるに十分なものという思いから、2人でMGMに売り込みをしたということです。

またロッキーとしてのスライが見られるのは嬉しいですが、あのままそっとしておいてほしい気持ちもあります。あくまでもスピンオフ映画ですが、世間は絶対これを『ロッキー7』と呼ぶはずですから、微妙です。

若い優秀な才能によってロッキーシリーズが新たな命を吹き込まれることに、さらにロッキーはスライが演じることに、ちょっと期待してしまいますが、スライ以外の人にロッキーを語れるのかは疑問です。
例えばロッキーのセリフだけはスライが書くとか・・・、でも監督さんのオリジナルをそのまま見たいような複雑な気持ちです・・・

う~ん、複雑です。

『CREED』はCoogler監督の次回作という位置づけのようですから、結構はやく実現しそうですよ。

creed